Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ホシギンポ / 井田




 最近いつも思うのだが、どんなに頑張って潜って海の中のことを知ろうとしても、僕が知り得ることなんて、ほんの一部に過ぎない。…いや、それどころか、ほんの一部を知ったと思うことさえ、大いなる勘違いではないかと思ってしまう。

 潜れば潜るほどにその思いが強くなってくるので、最近は昔に比べて、海の中のことを人に話すことが少なくなってしまったぐらいだ…。

 経験が少ないときは、こうゆう場合はこうなるんだ…という発想を得やすいのだが、経験が増えてくると、そうではないケースを数多く知ることによって、短絡的な発想が出来なくなってくるのである。何か言おうとしても、「待てよ…これまで20年間はそうだったけど、今後は違ってくるのかもしれない…」と思うと、「これはこうなんです!」というキッパリとした物言いができなくなってしまって、なんとも締まらないのであった(苦笑)。

 …で、切りかえの速い僕は、その時の海を楽しもうという、お気楽スタイルになったのである(もちろん勉強もするけど…)。

 コケギンポの繁殖シーズンを楽しみつつ、こっちもそろそろだろうな…と覗いているイソギンポ系チームなのだが、見事に去年とは違うゾーンの棲み分けをしてくれていて、「今年はこうなんだね…」という感じ。一昨年去年あたりはタテガミ→イソ→ホシという感じで勢力関係が推移していたのだが、今年は、最初から3種の勢力が拮抗している。イソの数がチョット目立つかな…という気配はあるけれど、あくまでもチョット目立つという程度に過ぎない。まあ、オモシロイから、今年もシッカリと見てやろうと思っているんだけどね。

 画像は、まだ若いホシギンポ。やっぱり小さな個体はあどけなくて可愛いなあ。


イソギンポ科 / Blenniidae
ホシギンポ / Entomacrodus stellifer stellifer (Jordan et Snyder, 1902)

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/100 iso100


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/05/08(金) 23:02:27Fish trackback:0 comment:0 ホシギンポ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。