FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

カスミミノウミウシ / 井田




 井田のビーチはエントリーしてすぐ砂地のスロープになるのだが、このとき僕はスロープにある石の上にいたハオコゼの撮影をしていた。何かイイ撮り方はないかな…と思案していたところ、いきなり火砕流のように砂煙と人間が5~6人下りてきた…。さすがGWである…。こうゆう場合、ガイドやインストラクターは、生き物の紹介なんてしなくていいから、BCDに吸気させるとか、姿勢を直してやるとか、せめて他の人がいたら大きく迂回するとか、ダイビングの仕方やマナーをきちんと教えてあげるのが仕事だと思うのだが、GWの海では、あまりそうゆうことに期待してはいけないことになっているようだ。

 …で、被写体のハオコゼは吹っ飛んでいってしまったし、やれやれ…と思っていたところ、目の前の転げ落ちてきた石の上を這っているコイツ…カスミミノウミウシを見つけた。おそらく砂地の中で昼寝をしていたところをフィンキックで叩き起こされたのであろう。可哀想に…と思ったが、いつでも見られるウミウシというわけではないし撮影させてもらうことにした。

 まったくもって足が速いヤツである。ウミウシはノンビリとした生き物だと思っている人も、カスミミノウミウシの移動速度を見たら認識が変わるかもしれない。


カスミミノウミウシ / 井田


裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
オオミノウミウシ科 / AEOLIDIIDAE
カスミミノウミウシ属 / Cerberilla
カスミミノウミウシ / Cerberilla asamusiensis (Baba, 1940)

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/100 iso100



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/05/06(水) 22:32:46Sea slag trackback:0 comment:0 カスミミノウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.