Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

サガミリュウグウウミウシ / 井田




 前に見た個体と同じかな…。とても小さなサガミリュウグウウミウシの子供。小さくても、すぐにそれと分かるルックスというのが、ウミウシ知識に乏しい僕にはウレシイ(笑)。

 リュウグウミウシ系はコケムシが居るところを探すと高確率で見つかるのだが、1mmあるかないかという、あまりにも小さな個体が多く、撮影を諦めてしまうことも少なくない(苦笑)。僕の撮影スタイルからすると、せめて3mmぐらいはあって欲しいかな。


サガミリュウグウウミウシ / 井田

裸鰓目 / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
フジタウミウシ科 / POLYCERIDAE
サガミリュウグウウミウシ / Tambja sagamiana (Baba, 1955)

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100
FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/500 iso100



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/04/20(月) 21:54:10Sea slag trackback:0 comment:4 サガミリュウグウウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
Re: > うみうしふぇちさん
> なるほど!今度からは黒く潰す!っていいます。うふっ・・なんか、かっこいい~^^ゞ

 些細なことなんですけどね…。

 用語とか意味のある言葉って、違って使ってると気になるのは歳のせいかな…(笑)。

 でも、言葉の意味を理解していれば、青抜き出来る状況や出来ない状況、黒く潰せる状況や黒く潰せない状況、そして、その方法も自ずから分かってくると思うんですよね。

 でも、ほんと些細なことですけど…。
2009/04/22(水) 20:45:59 | matsukawa | #-[ 編集]
なるほど!今度からは黒く潰す!っていいます。うふっ・・なんか、かっこいい~^^ゞ
2009/04/21(火) 19:05:47 | うみうしふぇち  | #.zxHueVw[ 編集]
> うみうしふぇちさん
 やはり3mmぐらいだと、一歩間違えるとグロテスクになってしまいそうなデザインでも、「かわいい」って感じになるのがイイですね(笑)。あと、高倍率で撮ることになるケースが多いので背景処理をいろいろ楽しめるのが好きです。

 でも、うみうしふぇちさんのように、極小ウミウシを次々見つけることは出来ませんヨ。


あ…ちなみに、

> バックが黒く抜けるとカッコよさが倍増しますね!

水中写真を撮る人が、よく「黒く抜く」という言い方をするんですが、これはチョット変ですね。
「青く抜く」っていうのはOKなんですけど、日中に背景を黒く撮る場合は、露出を切り詰めて色や明るさの情報を削り取って黒くするわけですから、「抜く」んではなく「黒く潰す」ってのが正しいでしょうね。

 でも、ナイトで撮るなら、黒く抜けちゃいますね…(笑)。
2009/04/21(火) 18:48:29 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
う~~ん!このサイズたまりませんね~~^^ゞ
バックが黒く抜けるとカッコよさが倍増しますね!
私も3mmが一番好きです(^^)/
2009/04/21(火) 09:34:55 | うみうしふぇち  | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。