FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ホリミノウミウシの仲間 / 井田




 今日は浅瀬の水面直下で小さなナゾの深海魚を見つけたのだが、死んでいた…(苦笑)。そして胴体中央から後半は食いちぎられたのか欠損していたので撮影もしなかった。しかし、折からの東風…そして、浮遊物いっぱいの濁った視界からは、その後の期待感が漂う。

 このところ、いつも同じような感じのダイビングが続いていたので、ガツンとインパクトがある出会いを求めてみたのだが、そう簡単に思い通りに事は運んでくれず、最近いつものように地味なダイビングになったのであった。

 モンダイは”トイレ”である。水温14.5度、高くはないが、決して低水温と言うほどではない。それなりに準備をしておけば余裕で90~120分を快適に過ごせる水温なのだが、陸上のあまりの暖かさが判断を誤らせた。防寒対策が不十分だったようだ…。寒さだけなら何とかなるのだが、トイレはヤバイ。40分ほどでリーチがかかった状態になり、かろうじて残り20分間を減圧のために費やすので精一杯という感じ…。まあ、たまにはこうゆうこともあるだろう(笑)。

 …で、そんなヤバイ状況下で、目に入ってしまったウミウシ。いつものように何だか分からないのだが撮っておいた。


追記 ……
 うみうしふぇちさんが「コマユミノウミウシでは」と教えてくれました。”本州のウミウシ(276頁)”にも載ってました。触覚の模様や背側突起の形状…これですね。


コマユミノウミウシ / 井田
上画像のトリミング画像

裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ミノウミウシ亜目 / AEOLIDINA
オショロミノウミウシ科 / Tergipedidae
コマユミノウミウシ / Cuthona pupillae (Baba, 1961)

FUJIFILM FinePix F30 f6.4 1/100 iso100



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/04/20(月) 00:00:41Sea slag trackback:0 comment:2 コマユミノウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> うみうしふぇち さん
ありがとうございます!
コマユミノウミウシ…これですね。
ホリミノウミウシ科ばかり気にしていて、オショロミノウミウシ科をほとんどスルーしてました。

もうちょっとちゃんと見なくちゃですねえ…(苦笑)。

> そんな時に何か見つかったりするとしばし忘れさせてくれませんか??

…ですね。
でも、しばし忘れた後は、恐怖の時間が待ってたりします。
…いや、ほんと、このときは紙一重でしたから(笑)。
2009/04/20(月) 21:15:56 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
またまた面白そうなウミウシ見つけてますね(^^)
コマユミノウミウシに似てますがどうでしょうね?
水温上がって油断してると丘は冷えますよね~。
そんな時に何か見つかったりするとしばし忘れさせてくれませんか??
2009/04/20(月) 17:19:17 | うみうしふぇち  | #.zxHueVw[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.