FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ホウボウ / 井田




 小さくてかわいいんだけど、実はけっこうゴツい顔立ちでストレートに可愛く撮るのは案外難しいホウボウの幼魚。…なので、ついつい思いっきりソフトに撮るとか…変化球的なアプローチに逃げたくなるんだけど、それでもやっぱりストレートで勝負したい。

 きちんと見る目が無い人はさておき、見る目がある人が現物を見たときに違和感を感じてしまうような画像では、写真としては、チョットなあ…と思ってしまう。

 こうゆう真っ黒い被写体を撮る場合は、見たままに黒く撮るならマイナス補正を、ディテールが分かるように描写するならプラス補正をかけるのだが、どちらにしても適量の補正というのが重要で、その辺の匙加減をどうするかは、たくさん撮って勉強するしかないだろう。

 その点、デジタルは結果を見てから撮りなおしが出来るから、楽でいいな。上の1枚目はストレートに撮ったつもりが、思っていたよりも周囲が明るくて、何故か変化球になってしまったというよくある失敗。浅いところでは、自然光をしっかり殺してやらないと、青被りしてしまう。でも、それが、悪くない雰囲気を生み出すこともあるのであった。


ホウボウ / 井田


ホウボウ科 / Triglidae
ホウボウ / Chelidonichthys spinosus (McClleland, 1844)

FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/100 iso100
FUJIFILM FinePix F30 f5.0 1/1000 iso100



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/04/13(月) 00:00:47Fish trackback:0 comment:0 ホウボウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.