FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ベニカエルアンコウ / 井田




 チョット前に、てつ!氏@井田DCのブログに画像がUPされていて、これは見てみたいなあ…と思っていたカモフラージュバージョンのベニカエルアンコウ。

 最近は、けっこういろんな個体を見ることが出来ているのに、コイツはいつもの僕のコースでは見ることが出来ずにいた。そこで、移動深度を微妙に変えてみたところ発見することができたのであった。狙っていたから見つけた瞬間にすぐにコイツだ!と分かった。こうゆうときはウレシイ。

 今回、この個体はザラカイメンに着いていてくれたので、比較的アッサリと見つけることが出来たが、この手の体色の個体が岩の壁面などにいるときなどは、よほどシッカリと見ていないと見落としてしまう。でも、そんなふうに、ザラカイメンやジュズエダカリナなどに着いていない場合の方がイイ色合いの個体が多いのである。

 カエルアンコウはカメレオンのように周囲の環境に合せて体色を変化させるのだが、この個体、腹側の色が、井田のベニカエルアンコウの体色としては最もポピュラーな肌色になっているのが気になる。ザラカイメンに居続けたら、肌色バージョンになってしまうんだろうなあ。


カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/03/04(水) 00:00:12Fish trackback:0 comment:0 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.