FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

05-02-12-Kumanomi-02.jpg


 さっき書いていた記事が、PCかサーバーのエラーで飛んでしまいました。こうゆうのって、かなり萎えますね…。もう一度、同じ作業をしようという気にはなれないものです。書いていて楽しくないですもんね。…かと言って、更新が滞ってしまうのも、見に来てくれた方に悪いなあ…と思い、蔵出しのクマノミの写真をUPします。
 撮影は今年の2月12日、大瀬の岬の先端。画質モード=HQ/ホワイトバランス=オート…設定ミスです。海から上がってから気づきました(苦笑)。妙に不自然な色になってしまったので、レタッチで修正してみたのですが、クマノミの色合いを自然な感じにしようとするとイソギンチャクの色が微妙に変。イソギンチャクを自然な色にしようとするとクマノミの色が不自然…。やはりクマノミが主役なので前者をチョイスしました。やはり、TIFFとまではいかないまでも、SHQあたりで撮っておけば、もうちょっとレタッチに耐える素材になっただろうな。でもWBがオートじゃダメか…。自然光カブリを取ってくれるだけでいいのに、オートってヤツは、なぜにあんなに捻った絵を作ってしまうのだろう。でもまあ、こうゆうチープな絵も受けは悪くなかったりするのだよね(笑)。…ちょっと愚痴っぽくなってしまった。
 現在、陸に上がった河童状態。大阪/天満橋のビジネスホテル住まいです。海に帰れるのは5月か6月か…交通費を払って4月に足を伸ばすか…。阪神戦をいつでもTVで見れることだけが救いです。今年の阪神は強いから。あと、近所の川沿いの桜が満開で物凄くきれいです。大阪の街も思ったより面白いかな…。美味しい店とか面白い店、知ってるヒトが居たら教えてください。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/04/12(火) 01:23:25diary trackback:0 comment:2 Diary 2005/04/12
コメント
この記事へのコメント
C-5050
> にこちゃんさん

コメントありがとうございます。ウレシイです!
C-5050、いいカメラじゃあないですか。
僕は、銀塩一眼レフもコンパクト機も使いますが、
コンパクト機ならではの魅力は一眼に負けないですヨ。
もちろん一眼もいいけど、失うものも小さくないですから。
それより何より、持ってる道具をどう生かすかが、いちばん大事だと思います。
そうであれば、違う道具を手にしたときに得られるものも大きいでしょう。
ガンバってください!

大阪に居るのは出稼ぎ(笑)…じゃなくて、仕事です。
2005/04/12(火) 22:38:07 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
いつもこっそり拝見しています。(*^_^*)
こんばんは。素敵な作品がたくさんですね。
今、1眼がとっても欲しい私なんですが、ここにくると、もう少しC-5050デジカメでがんばっちゃおかな。という思いになります。ちょっと私のブログは阪神フアンみたいな色あいなんですが、よかったらたまにのぞいてくださいね。ではでは、なんで大阪いてはんねんやろ?
2005/04/12(火) 21:10:50 | にこちゃん | #/DnOSl.6[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.