fc2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

エダウミウシ / 井田




 こんな程度の画像を手に入れるのに費やした時間は14分間…(苦笑)。エア残量にかなりのゆとりを持っての安全停止中で、事実上無制限に取り組めるような状況ではあったのだが、どう考えてもそこまで熱くなって粘る必要は無いし、有効な時間の使い方ではなかったなあ…と、ちょっと後悔してしまった。

 このウミウシの体長は5mmぐらい。肉眼で見ただけではウミウシであることは分かるものの、どんな形状をしているかなどは全くわからなかった。…なので、もしかしたら未だ見たことが無いカッコいいウミウシなのかも!…などと期待をしつつ、波に翻弄され転がりそうになりながら必死でカメラを固定し、シャッターを切りまくったのであった。ただでさえピントを合せづらい高倍率撮影…おまけに西陽がキツイ浅瀬でコントラストが低い状況のモニター画像を確認するのは困難である。…となると、とにかく1枚でもピントが合っていれば…という、"ヘタな鉄砲数打ちゃ当たる作戦"でいくしかない。

 …で、海から上がって改めて画像をチェックしたのだが、色合いこそ違うものの、よく見かけるエダウミウシにしか見えない…。おそらく小さな個体で、こうゆう環境に居るヤツはこうゆう色になるのでは…という感じである。う~む……と唸るしかないのであった。


裸鰓目(ドーリス目) / NUDIBRANCHIA
ドーリス亜目 / DORIDINA
フジタウミウシ科 / Polyceridae
エダウミウシ / Kaloplocamus ramosus(Cantraine, 1835)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/02/18(水) 18:14:17Sea slag trackback:0 comment:0 エダウミウシ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.