FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

05-03-23-AkaMatsukasa-01.jpg
イットウダイ科 / Holocentridae
アカマツカサ? / Myripristis berndti Jordan et Evermann, 1903?



 一応アカマツカサを当ててみましたが、自信があるわけではありません。

 「この魚は○○です」という結果を導き出す作業を「同定する」というのですが、同定するとは、厳密には、"ここで言うMyripristis berndtiという魚の模式標本があって、その標本と写真の魚が形質的に同じであるということを、鰭の棘や軟条の数を正確に数えたり、骨格形状の比率数値を精査したりして確かめる作業"を言います。このサイトでは他所でも、便宜的に「同定する」という言葉を使っていますが、同定作業とは本来は採集して標本でも作って厳密にチェックするものだと思います。でも、僕らの楽しみは、採集して調べることではなく、海の中でその姿を眺めて、「綺麗だなあ」とか「かわいいなあ」とか「面白いなあ」とか、そんなふうに喜んだり感動したりすることなので、採集するなんてナンセンスだということになります。そこで写真を撮って、ああでもない…こうでもない…と調べるわけです。できるだけ調べやすいように、ドンピシャで真横から鰭全開の瞬間をジャストピントで撮るというのがベストなのですが、まず、なかなかそれが難しい…というケースが多いです。そして、写真が撮れたからといって答えが出るかと言うと、そう簡単にはいかないというのも事実です。一応、ガイドなんて事をしているし、最低限の誠意として、写真と簡単な解説が掲載されているだけの図鑑を見てみるだけではなく、日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次著あたりも調べてみるのですが、これがまた結構手強いというか、「これだ!」という一致を見出すことが出来ず、「う~む…」と唸ってお茶をすすり、宙を眺めて終わり…ということが少なくありません。…というわけで、この写真の魚が「アカマツカサです」と言い切る自信も無いのです。
 いや、でも、そうゆうものだと思うのですけどね。思いっきり間違えたままWEBサイトにアップしてしまって、後で恥ずかしい思いをすることも少なくないです。まあ、ここは、海の中で見たものをお見せするというところであって、お勉強するところではないですから…と言い訳しつつ、分からないものは分からないものとして「?」を付けておくのが、適切かなと思ったりもするのでした。



Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/04/04(月) 22:44:49Fish trackback:0 comment:0 アカマツカサ? / 大瀬崎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.