Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

イロカエルアンコウ / 大瀬




 大瀬湾内のイロカエルアンコウたち。今年も大瀬でも井田でも相変わらず「赤バージョン」が多い。
 おそらく、これまでに観察した数多くのイロカエルアンコウの体色の統計を出してみたら、「赤バージョン」が70%を超えるのではないかと思う。

 伊豆の海の環境によるものなのか、あるいは、そもそもイロカエルアンコウには赤バージョンが多いものなのか、はたまた、たしかに赤いのも多いのだが、実はもっと目立たない色(たとえば黒っぽいのとか)で数多く居る体色があるのか…、その辺に関してはナゾのままである。

 今のところの僕の印象では、その3つ全てを合せたようなところに正解に近い答えがあるような気がしているのだが…。

 人間というのは不思議なもので、あまり意味が無いような希少価値にさえ額面以上の価値を付けたがる傾向がある。おそらく、このイロカエルアンコウの赤バージョンが、何年かに1個体しか見られなかったりするのであれば、ダイバーたちの中でも「赤バージョン登場!!」なんて感じで人気を呼ぶんではないかと思う(苦笑)。

 いつも新鮮な意識を持ってモノを見ようと思っているのだが、今年もすでに7個体の「赤バージョン」を見てしまって、ついつい「出来れば白に黄色の水玉」が見たいな…などと思ってしまう自分を、まだまだだな…と思ってしまうのであった。


イロカエルアンコウ / 大瀬


カエルアンコウ科 / Antennariidae
イロカエルアンコウ / Antennarius pictus (Shaw et Nodder, 1794)


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/02/02(月) 16:13:28Fish trackback:0 comment:0 イロカエルアンコウ / 大瀬
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。