Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

タカベ / 井田

タカベ / 井田


タカベ / 井田





 このところタカベの大群がスゴイ!

 …なんて、いつも書いているね。

 でも、いつ見てもスゴイのだからしょうがないとも言えるだろう(笑)。

 これだけ毎回のように撮っていると、どうしても同じような画が多くなってくるので、あえて…という感じでいろんな撮り方にトライしている。
 今回のテーマは『タカベの数の多さ』だ。グッと引いたところから群れの形を意識しつつボリューム感が感じられるアングルから狙ってみたり、とにかくビッシリとタカベでいっぱい!という感じで狙ってみたり、あるいは、海底から水面までタカベだらけというところを狙ってみたり…。
 先々週も先週も今週も、井田のタカベたちはこんな感じ。もちろん、狙う時間やエリアを間違えないようにしないといけないけれど、今ならよっぽど日頃の行ないが悪く無い限りハズすことはないだろう。
 この迫力を味わうことなくして、今の伊豆のビーチダイビングシーンは語れないのでは…とさえ思ってしまうのであった。


タカベ科 / Labracoglossidae
タカベ / Labracoglossa argentiventris (Peters,1866)



 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/02/01(日) 22:33:16Fish trackback:0 comment:4 タカベ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> kazuki さん
知床の海で、傑作をモノにしてくださいね!
2009/02/03(火) 19:34:19 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
ありがとうございます!
今、綺麗な青とパッキとした魚たちの群れのワイド写真がなかなか撮れなくて・・・
オリンパスでも腕があれば撮れるのだと勇気づけられました。

ありがとうございました!
2009/02/02(月) 18:07:06 | kazuki | #-[ 編集]
> kazuki さん
はじめまして。 コメントありがとうございます。
知床の海…いいですね。ぜひとも行ってみたい憧れの海の一つです。

クリアでパキッとした写真」ということに関する件ですが、撮影機材はもちろんのこと、撮影したときの状況や撮影のしかた、それから画像処理に及ぶまで、様々な要素がありますんで、この場で原因は分からないんですが、やり易いやり辛いは別にして、オリンパスのコンパクト機で、シャッター速度と絞り値を任意に設定できる機種であれば、ここに載せているような画像なら、たいていのは撮れますよ。

ちなみに、僕が個々の載せている画像の撮影に使っているのは、OLYMPUSのC-4040・C-4100・C-3100・X-1・X-2・C-740・C-750・C-770・SP-320で、あと、最近はFUJIFILMのF30を使うことが多いです。
2009/02/02(月) 15:47:01 | matsukawa | #-[ 編集]
はじめまして
いつも感動の写真を楽しませてもらっています。私は知床で潜るダイバーなのですが、知床の海をいかに鮮やかに!をテーマにしています。オリンパスのコンデジを使用しているのですが、松川さんのようにクリアでパキッとした写真になりません。もしよろしければ、使用しているカメラの機種を教えていただけませんか?
2009/02/02(月) 01:22:43 | kazuki | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。