FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

クマドリカエルアンコウ / 井田




 僕の場合、カメラを持って海に入ったときは、撮影する生き物を探すというよりも、撮影するシーンを探すという感じで臨む事が多い。以前は生き物探しに熱中していたんだけど、最近はむしろ背景を探して、そこに主役たるべく生き物を探しているという感じだ。

 でも、そうは言っても、魅力的な生き物を見つけてしまうと、やはり、その生き物を撮りたくなる。まずは、記録としての画像を撮影し、次にその生き物の魅力を引き出すアプローチの仕方を探る。

 このクマドリカエルアンコウは地味なところに居たので、どう撮るか悩んだのだが、ふとよく見るとヒロウミウシが居ることに気づいたので、かなり無理な体勢になりつつも両者が相対するような構図を狙ってみた。

 ちょっと弱いかな…とも思うのだが、生き物が好きな人なら微笑ましいシーンと感じてくれるかもしれないかな…。実際は、両者ともに意識すらしていないと思うんだけどね…(笑)。

カエルアンコウ科 / Antennariidae
クマドリカエルアンコウ / Antennarius maculatus (Desjardins, 1840)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2009/01/06(火) 22:54:14Fish trackback:0 comment:2 クマドリカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> yuki さん
 コメントありがとうございます。
 
 極小とまではいかないまでも小さくてとても可愛い個体でした。

 ちょっと地味かな…とも思ったんですが、気に入ってくれるヒトが居て良かったです!
2009/01/07(水) 19:54:55 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
yuki
素敵ですッ!!
カエルアンコウ好きなので…しかもかなり小さい個体ですよね?ヒロウミウシとのコラボが全体的に愛らしいですね(*^^*)
こんな写真を撮ってみたぃです♪♪
2009/01/06(火) 23:19:42 | | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.