FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

スケロクウミタケハゼ / 井田



 ダイビングをし過ぎると健忘症になるという説がある。
 ただ単に自分が忘れっぽいのをダイビングのせいにしているだけなのかもしれないが…(苦笑)。

 しかし本当に、ここ数年の物忘れの激しさは常軌を逸するものである。
 
 フードを被り、グローブを装着し、ウェイトを巻いて、BCDを背負い、カメラもOK!…おっとダイビングコンピューターを忘れるところだった、あぶないあぶない…。「それじゃあ行ってきます!」とエントリー口に向かい、海に入った瞬簡に、マスクとフィンを忘れてきたことに気づく。
 最近の僕にとって、その程度のことは当たり前すぎて、トピックにすらならない…。ドライスーツを台車に積み忘れて”岬の先端(大瀬)”まで行ってしまったりしたこともあった。潜水撮影中、2台持っていったうちの片方のカメラを撮影場所に置き忘れたままエキジットしてしまったこともあったなあ…。

 よく、チェックリストを用意しておけと言われるのだが、おそらく今の僕なら、チェックリストを忘れるか、チェックし忘れるか…、あるいはチェックした後に何か忘れていきそうである(苦笑)。


 今日の画像はスケロクウミタケハゼ。ちょっと深めのウミトサカの中に潜んでいることが多い。井田や大瀬でみられるこの仲間の中では、ちょっと大きめになるかな。半透明の乳白色の体が印象的なきれいな魚だ。
 このBLOGのコンセプトからは少し外れるので、この手のフワフワした軟派な撮り方をした画像は最近UPしていなかったのだが、まあたまにはいいだろう。

ハゼ科 / Gobiidae
スケロクウミタケハゼ / Pleurosicya boldinghi (Weber, 1913)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/12/12(金) 23:59:26Fish trackback:0 comment:0 スケロクウミタケハゼ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.