Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

コガネスズメダイ / 井田



 ウミウチワに群れるコガネスズメダイの幼魚達…、そこにやってきたイソカサゴに軽くモビング。

 もっとイイ瞬間があったかもしれない…。コガネスズメダイ達があとチョットだけイソカサゴに接近してくれたら…。でも、この手のシーンの場合、何が何でも理想的な構図で撮れなくてもいいのだ。これがこのときの自然の姿。これしか撮れなかったんだからしょうがない。
 このシーンを予測していたわけではないし、見ていたらこうなったので、これはイイかも!…と、シャッターを切ったという、ただそれだけ。それでいいのだ。

 …で、後からこうして見てみても、完成度が低い画だとしみじみ思う。…でもやっぱり何となくオモシロイ雰囲気…捨てるには忍びない(笑)。
 いいや…UPしてしまえ!…というわけで公開。写真展に出すのでもないし、そうゆうのも「あり」だろう。

スズメダイ科 / Pomacentridae
コガネスズメダイ / Chromis analis (Cuvier, 1830)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/10/28(火) 23:03:40Fish trackback:0 comment:2 コガネスズメダイ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> らいとまんさん
 この場に居て、これと同じ設定にして、同じ画角・距離・タイミングで、シャッターを切れば撮れます(笑)。

 …ってものですよね。

 要は、いろいろ試行錯誤して、どうすればどうなるのかを把握しておくことです。

 らいとまんさんなら、イイのが撮れますよ!
2008/10/29(水) 22:09:36 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
なんでこんなふうに撮れる?
F30とハウジングゥー、手に入れました。今日は会社帰りに自作のデュフューザーの材料を買いに東急ハンズへ・・・
 後は腕だけ・・、今度教えてもらお・・・
2008/10/29(水) 00:21:53 | らいとまん  | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。