FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

05-03-12-IchimonjiHaze.jpg

Digital Gallery 108
Osezaki Izu Peninsula
OLYMPUS C740 & PT018 + UN PCU-01
f7 1/25 -1.0 ISO100


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/03/23(水) 21:45:31Photo Gallery trackback:0 comment:1 Digital Gallery 108 / Trimma grammistes
コメント
この記事へのコメント
Digital Gallery 108
 イチモンジハゼのポートレート。撮影したのは3月12日の大瀬崎湾内。

 イチモンジハゼは大瀬崎で最も多く見られるベニハゼ属のハゼ。大瀬崎で普通に見られる唯一の定番ベニハゼとも言える。
 稀にオキナワベニハゼやオオメハゼや他のSPを見ることもあるが、これはあくまでもイレギュラーな例だと思う。いわゆる無効拡散型の南方からの流れ者であろう。そんなことから、イチモンジハゼには愛着を覚える。単なる地元贔屓なのだが…。
 湾内・岬・外海のどのポイントでも簡単に見ることが出来る。オーバーハングした大きな岩の影を探すのが良いだろう。このカットは湾内で撮影したので、できるだけ背景をぼかすというアプローチで臨んだが、外海のちょっと深めのポイントであれば美しい腔腸類やヒドラと絡めて撮影することが出来る。
2005/03/23(水) 22:10:26 | Matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.