Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト

ベニカエルアンコウ / 井田



 なかなか目立つところに居てくれないのだけれど、探せば見つかるベニカエルアンコウ。この日、ゲストのUMEDA氏が見つけてくれたこのコも初見の個体だ。

 例によって、居た場所が岩の裏面だったので、カメラを岩の間に突っ込んで、あとは、被写体までの距離とカメラの角度だけに気をつけて、AF任せで山勘で何枚かシャッターを切るというコンデジならではの撮影法。6枚撮ったうち3枚は顔が写ってなかったり…背鰭しか写ってなかったり…下半身がフレームアウトしていたり…だったけど、残り3枚はとりあえず記録画像としてはOKという感じで撮れていた。以前(一眼レフでばかり撮っていたとき)なら撮影は諦めていた状況なのだが…まったく便利になったものである(笑)。

カエルアンコウ科 / Antennariidae
ベニカエルアンコウ / Antennarius nummifer (Cuvier,1817)


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/09/24(水) 22:23:53Fish trackback:0 comment:2 ベニカエルアンコウ / 井田
コメント
この記事へのコメント
> うみうしふぇちの旦那 さん
 行きましたか、クルマダイ。
 お好きでないロングスイミング、お疲れ様でした(笑)。

 かわいいですよね。

 あの辺りは、他にも見たいものがいっぱい居るので困ります。

 面白いウミウシは居ましたか?(笑) 
2008/09/28(日) 22:28:11 | matsukawa | #4R5.xbJk[ 編集]
松川さんより二週間遅れで、うみうしふぇちとふたりでクルマダイ、見てきました。
泊まりで行ってよかったです。一日目は見事に外してコウベを垂れて帰って来ました。一日に二本行く気にならず、翌日朝一で。
 今度は二個体、捕まえました。かわいいですねぇ。我々も見れてよかった。
 中層を泳いで帰ってきた、帰りの方が長く感じました。
2008/09/28(日) 20:29:36 | うみうしふぇちの旦那  | #-[ 編集]
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。