FC2ブログ

Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

ハナグロイソハゼ / 井田



 先週は続けて大瀬に潜りに行ったので、1週開けての井田。でも、この時期は1週間もすれば、ガラッと様子が変わるなんてこともある。ましてや台風明けである。
 ちなみに今回の台風13号…伊豆沖を通過するなあ…風向きはイイけど、チョット近いかな…とも思ったのだが、井田や大瀬には、まったくと言っていいほど影響無し。むしろ好影響だったのでは…と思うぐらい。凪は最高にイイし、透明度も良好、高水温キープで言うこと無しであった。
 
 …で、そんなときは、何か新しい発見の期待感が高まるのだが、個人的にはこのハナグロイソハゼを見ることが出来たのがウレシかった。沖縄などでは普通に見られるイソハゼの仲間だが、伊豆では季節限定。
 最初は岩の上に1匹を見つけたのだが、ピョコピョコと移動するソイツを目で追っていると、次から次へと別の個体が現れ、いつの間にか目の前に4個体…隣の岩にも2匹居たんで、全部で6匹。一瞬…まるで南の海に居るような錯覚に陥ると同時に、南から流されてきて、よくぞ井田の同じ場所に集ったものだと感心してしまった。ちなみに、体長は10mm~20mm…小さいので目に付きにくいけど探せばもっと居るかな?

ハナグロイソハゼ / 井田

ハゼ科 / Gobiidae
ハナグロイソハゼ / Eviota sp.


 

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2008/09/21(日) 21:01:52Fish trackback:0 comment:0 ハナグロイソハゼ / 井田
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.