Diver's High +++ Underwater Photograph +++ Photographer Matsukawa Soichi

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告 スポンサーサイト
このところ、このブログのFC2サーバーが不調です。

新しい記事をUPしたのに更新されなかったり、アップロードした画像が消えてしまったり、
さらには、いきなりログインできなくなったり…

そして今日は、頂いていたコメントが4件消えてしまいました。

コメント頂いた方には本当に申し訳ないです。

僕が意図的に削除したわけではないので、そこのところ御了承ください。


現在、サーバーを変えようかと検討中です。
スポンサーサイト

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2010/03/22(月) 21:37:24Photo Topics trackback:0 comment:0 サーバー不調????

早くて早くて…コンデジじゃあ追いきれないのだ


 寒い!寒い!寒い!…と、呻きつつ器材をセッティング、冬の海の寒さは潜ろうというモトベーションを思いっきり下げてくれます。特に今年は本当に寒い!
 でも、海に入ると、スコ~~~~~ン!と抜けた青い世界が広がって、寒さなんて忘れてしまうというものです(でも今日は防寒対策を怠ったので30分間ぐらいでシビレましたが…(苦笑))。
 今は、ほんとうにすごく水がキレイです。透視度は軽く20m以上あるでしょう。伊豆ブルーとでも言うのでしょうか、南の海の透視度の良さは水の存在を忘れさせるクリアな感じですが、伊豆の海のそれはチョット違っていて、あくまでもそこに水が存在していて尚且つクリアだという感じ、クリスタルのような透明感です。それこそが伊豆の海の魅力と言ってもいいでしょう。

 透視度がイイので、いろんなものがハッキリと見えます。クロホシイシモチの巨大な群れは、まるで沸き立つ雲のような迫力です。そんな光景を眺めていると、いきなり視界に飛び込んできたのが写真の鳥です。おそらく海鵜(ウミウ)ではないかと思うのですが、クロホシイシモチの群れの中に電光石火の勢いで突っ込み、1匹…2匹…3匹と嘴で捕らえると、水面に泳ぎ去っていきます。その迫力満点のシーンは、まさに野生を感じさせてくれますね。寒さを忘れて見入ってしまいました。

いわゆる鵜だと思うのだが…


Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2006/01/09(月) 22:37:51Photo Topics trackback:0 comment:4 鵜? / 大瀬崎

20050217210118.jpg


 何故このところ連荘で大瀬崎の写真じゃないのかと言うと、大瀬崎に行ってないからです。正確には行ってないじゃなくて、行きたくても行けてないのですが…(苦笑)。とりあえず、せっかくここに来てくれたヒトのために更新だけはしとこうかな…と。
 CEBUの写真です。いわゆるメラネシアンアンティアスとかレッドチークフェアリーバスレットと呼ばれているヤツですね。キンギョハナダイの熱帯版という感じの魚です。あ…でも、キンギョハナダイは熱帯にも居るから、そう言ってしまうとチョット語弊があるかな。キンギョハナダイと似てるんだけど熱帯でしか見られないヤツ…と言えば良いのかな。いずれにせよ、キンギョハナダイ好きとしては、とても親近感が沸く魚です。何と言うか、観察していると、キンギョハナダイと色は違うのだけど、やってることは同じだなあ…と、そんなことが面白かったりするのでした。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/02/17(木) 21:15:47Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 11

20050216000256.jpg


 爽やかに明るいブルー…ではないところが残念です。これでも今回の日程の中ではイイ方だったのですけどね。細かい浮遊物が多くて白っぽく霞がかかったような感じでした。
 でも、潜っていて楽しいのは生き物がいっぱいいる海です。どんなに水がクリアで透視度が良くても、生き物が少なかったり、生物層が単調だったりすると、僕にとってはイマイチなんです。そういう意味で、CEBUの海というのはハズレが無い海ですね。最高にオモシロイです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/02/16(水) 00:09:41Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 10

20050207002906.jpg


 セブはクマノミの仲間が多いところです。でも、業者による乱獲も激しいようです。ウチの近所のホームセンターのペットコーナーでもたくさん売ってました。自然のままがいちばんなんですけどねえ。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/02/07(月) 00:34:25Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 09

20050126080924.jpg


 チョチョウコショウダイの幼魚。この種の仲間の例に漏れず、そんな泳ぎ方をしていたら疲れきってしまうのではないか?…と、見ているこっちが心配になってしまうぐらいに激しくクネクネとしながら泳ぎ続けている魚です。でも、成魚になると、とてもおっとりとしています。そんなギャップもおもしろいですね。
 その落ち着きの無さから、撮影しやすい魚ではないのですが、可愛らしくて撮りたい気持ちをそそられる被写体です。…と言うか、そそられる被写体でした。でも、この時期のマクタンでは、やたらたくさん見ることが出来るのです。たくさん居ると撮影意欲が下がるという事はよくあります。いつでも撮れるから後で撮ればいいや…という気分になってしまうのですね。それが良くないんです。結果、こんなピントの甘い写真しか残すことが出来ませんでした。ちなみに、オイランヨウジなんて魚もそこいらじゅうに居ました。あまりにも多すぎて1枚もシャッターを切ってませんでした。ホントは撮ったつもりになっていたのに、撮り忘れてたんですけど…(苦笑)。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/26(水) 08:42:49Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 08

20050125101804.jpg



 昨日のCEBU 06に引き続きツバメウオが居る風景の写真。
 同じ所でツバメウオがイイ場所に来てくれるのを待って…というか、イイ場所に誘導して撮影しました。前回の写真は、誇張を抑えた見た目に近いチョット引いた表現。今回の写真は、よく言われるワイドレンズの撮り方でグッと前に一歩踏み込んだ表現。NIKONOS RSが登場してからは、ググッと迫った迫力あるワイド写真が多くて、高価なRSを持っていない僕としては、その表現に憧れもあったりしたのですが、このところ、やや引いたところから撮るコンサバティブな構図の方が好みだったりします。
 06と07とでは、主役のツバメウオがそれぞれ別の個体で顔つきが違うし、背景に居る魚たちの様子も違います。そして撮り方としてもストロボの当て方が違うので、単純に両者の比較は出来ないのだけれど、どっちが好まれるのだろう?

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/25(火) 10:31:36Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 07

20050124163022.jpg


 セブのマクタンエリアが少しずつ注目を集めてきてますね。何がオモシロイのかというと、やはりマクロ系の楽しみということになる…というのがセブの相場でしょう。昨年、三保のT氏から、そのオモシロさを伝え聞き行って来ました。
 でも、僕の場合、やはりメインはワイドです。フィルムの9割は15mmフィッシュアイや24mmで撮影してきました。残念ながらイイ潮回りに当たらなかったのか、浮遊物がとても多いコンディションで、水の色もトロピカルなブルーではなく、春の大瀬崎のようなグリーンということが多かったのですが、それでもセブの濃い魚影はワイド撮影を楽しく魅力的なものにしてくれました。コンディションがイイ時に行ってみたいものです。

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/24(月) 16:42:02Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 06

20050107233731.jpg


    … More

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/07(金) 23:56:47Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 05

20050106231718.jpg


    … More

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/06(木) 23:20:14Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 04

20050106231312.jpg

    … More

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2005/01/06(木) 23:15:42Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 03

20041230212347.jpg

    … More

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2004/12/30(木) 22:22:23Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 02

20041225031118.jpg

Copyright Matsukawa Soichi. All rights reserved.

2004/12/25(土) 03:22:42Photo Topics trackback:0 comment:0 CEBU 01






Contrust scale (graduated 16steps)
コントラストスケール
sRGB - Gamma : Windows (2.2) - White point : 6500°k
1024 x 768 True color (32bit)
font size : medium




"Diver's High Blog"を御覧いただきまして、ありがとうございます。
大瀬崎や井田の海の中は生き物達の楽園。
ここで見られる魚は、600種とも700種ともいわれています。
そんな海での一コマから、海の素晴らしさのほんの一部分でも紹介できたらと思います。

ちなみに、各エントリーのタイトルが掲載画像の生物名になっていますが
書かれている文章は、必ずしもその生物に関することだけではないので悪しからず…

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
当サイトの内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright Matsukawa Soichi.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.


Photographer Matsukawa Soichi

このブログで御紹介している画像は、基本的にノートリミング画像です。
ただし、[トリミング有り]と書かれている画像は、生物を分かりやすく紹介するために、トリミングをおこなっています。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。